トップページ  役割と歴史  店舗用のれん  日除けのれん  イベント用  楽屋のれん  トイレ用のれん  
綿の生成り  桜柄ののれん  活用アイデア  ドア代わりに  のれんの洗い方  のれんのリメイク  サイトマップ

京都でのれんを製作する

オーダーのれんの洗い方について

オーダーのれんを制作したものの、どのようにお手入れすべきか分からないという方は少なくないでしょう。
一般的なオーダーのれんは洗濯することが可能なので、汚れが目立つ場合や使用後に保管する場合は
洗濯しておくことを推奨しますが、その際は手洗いすることをおすすめします。

洗濯機でも洗うことは可能ですが、生地を傷めてしまう可能性があるので弱い力で手洗いするのがおすすめです。
洗う際は洗濯用の中性洗剤を使用しますが、蛍光剤や漂白剤が入っているものは避けてください。
また、オーダーのれんを洗濯機で洗う場合は30℃を液温の上限として、弱水流で洗いましょう。

のれんを洗う方法

洗濯後は、シワになるのを防ぐために形を整えた上で、裏返しで陰干し乾燥させます。
なお、色移りの恐れがあるので他のものと一緒に洗うのは避けてください。

また、雨などに濡れた場合は、一度丸洗いした上で十分に乾燥させてから保管しましょう。
シミが気になる場合は、シミがある面にタオルなどを置き、裏側から中性洗剤を付けた歯ブラシや
布などでシミの外側から中心部に向けて叩いていきます。
中心部から外側に叩くとシミが広がってしまうので注意が必要です。

タオルに大体のシミが移ったら、上記の方法で洗濯しましょう。

撥水加工が施されたのれんは洗える?

上記の通り、オーダーのれんは洗濯することが可能ですが、撥水加工されたものについても洗濯は可能です。
雨に濡れても安心な撥水のれんは、汚れも付着しにくいという特徴がありますが、
使用し続けると徐々に汚れが表面に定着していきます。

その結果、雑菌やカビなどが繁殖してしまう恐れがあるとともに、汚れが水をため込んで
撥水性が悪化する可能性もあります。そのため、撥水のれんであっても定期的に洗濯する必要がありますが、
洗う際は上記の方法で問題ありません。

ただし、洗濯を繰り返すと撥水性は徐々に失われていきます。
基本的に撥水効果は半永久的なものではなく、経年劣化によって徐々に失われていくので、
この点については十分に理解しておくことが大切です。

撥水生地

なお、撥水効果は熱による回復性を有しています。したがって、陰干しが基本の
一般的なのれんとは異なり、洗濯後は乾燥機で乾かしたり、アイロンを使ったりするのが効果的で、
熱を加えることで撥水効果が持続しやすくなります。

また、どうしても自身で洗うのが心配な場合はクリーニングを利用するのがおすすめです。
クリーニングに出すことで、のれんが持つ風合いを保つこともできるでしょう。