トップページ  役割と歴史  店舗用のれん  日除けのれん  イベント用  楽屋のれん  トイレ用のれん  
綿の生成り  桜柄ののれん  活用アイデア  ドア代わりに  のれんの洗い方  のれんのリメイク  サイトマップ

京都でのれんを製作する

看板や開閉を知らせる役割も持つ暖簾

のれんはお店の顔とも言われていて、人目を引くことができるおしゃれで
オリジナリティが溢れるものを店舗の入口に飾りたいものです。

入口はもちろん、店舗内の目隠しに使ったり仕切りとして活用することができます。

お店のオリジナルのアイテムを作るにはデザインから施してくれる
業者などで作成することが可能です。

お店の顔として

店舗用のれんを利用することによってお店を知らないような人に対して
どのような店舗なのか、何を売りにしているのかなどを一瞬にして伝えることができるでしょう。

看板を作るにはいくらかコストがかかりますが、店舗用のれんは気軽に注文することができます。

それほど大きさを必要としないのでコストを抑えることができ、
どんなものを扱っている店舗なのかを分かりやすく提示することできるでしょう。

クライアントが入店した時に安心感を与えることができたり、
集客効果を期待することが可能です。

売りにしている

施設内において目隠しや仕切りにするといったさまざまな用途で使うことができます。

のれんが活躍するのは店舗の外だけではなく、飲食店の場合なら調理場やホールの間、
クライアントの目に付いてしまうレジ周辺などをのれんを使って
おしゃれに目隠ししたり仕切る目的で使うことが可能です。

扉と違って開け閉めを簡単に行うことができ、狭い場所でも
安全に利用することができ、音を立てる必要もありません。

両手がふさがるような飲食店ではスタッフが移動しやすかったり、
いちいちドアを開ける必要もないでしょう。

動線上のメリットもあり、複数のテーブルがある場所ではテーブルの間に
のれんを少しかけることによって、個室のような空間を演出することができます。

個室を作るよりコストを抑えることができたり、少人数グループや団体など
人数に応じてアレンジすることが可能です。

特に狭い店舗ではクライアント同士の席が近くなりますが、のれんをかけることによって
隣の席の人を気にすることなく楽しむことができるでしょう。